稼ぎたい!信用取引で成功するコツ


より下落の確度が高い場面でのみ活用する

信用取引は資金に比してより多くの利益を出すことができる株取引ですが、損失も同様に大きく膨らむ可能性があります。現物取引では損失が出ても口座に入金している資金が減るだけですが、信用取引では口座に入金している委託証拠金を損失額が超えてしまうと、追証という口座への追加入金が求められます。こうしたリスクがあるため、信用取引で稼ぐためには、『過去の状況などから照らし合わせて明らかに思惑通りに動く可能性が圧倒的に高い』といった場面のみ取引するように心がけるべきです。
信用取引では売りから始められるのが最大の武器です。株式相場では下落の足が速く、またその下落はある程度の期間中漸次続いていきます。従って信用取引においては一度大きな下落を確認し若干値戻しした後に、次の下落の初動で開始するようにするのが最も利益を出す確度が高いと言えます。


信用取引の動向を確認して稼ぐ

信用取引はとにかく裁量のみで取引しないのが、成功するための最大のコツです。信用取引で稼ぐためには多くのデータに接して、過去の値動きのデータや経験則を活かした取引が必要になってきます。
信用取引で成功している投資家が一般的に行っている取引手法に、信用取引の期限落ちを狙うというものがあります。これは信用取引の建玉が膨らんだ際、証券会社や機関投資家の建玉は返済期限ぎりぎりまで保有されるものがあるため、その返済期限で反対売買を仕掛けるといったものです。株価の値動きが会社の業績と一致しない場合は株価が戻る傾向にあるため、株価が平常になってからゆっくり手仕舞い決済するといった手法で安心して稼ぐことができます。
どちらにしても客観的なデータの積み上げが必要ですので、安易な思いつきで信用取引を行わないようにしましょう。