信用取引のメリットとデメリット


信用取引のメリットとは?

信用取引は誰でも証券会社に口座が開け、保証金と呼ばれる担保を口座に準備しておけばレバレッジ効果と呼ばれる保証金の最大約3倍までの取引が可能になります。手持ち以上の取引が出来るので、勝負に出たい時にも大きな利益を生んでくれます。
現物取引と違って「売り」から始められるので下降相場市場でも利益を出せます。利益を上げるチャンスが増えるので相場の波が大きい時には現物以上に利益を生み出せます。市場自体が下降していなくても、この企業の株価が下がると思ったら「売り」から始められるので予想が当れば大きな利益を手に出来ます。買いでも売りでも利益を上げるポイントがあるので、相場感覚に慣れていない初心者でも魅力の大きい投資方法と言えます。


信用取引のデメリット

損失が大きくなり担保である保証金が不足すると「追証」と呼ばれる追加の入金を迫られます。追証を無視して取引を継続すると強制的に清算されて損失分の入金が必要になりますので、追証にはキチンと応じる・予め保証金は多めに入金しておく・初心者はレバレッジ効果を1倍程度に抑えるなど工夫します。
株式などを借りている状態になるので手数料の他に金利が発生します。金利は証券会社によって違いますので契約時にキチンと確認しておきましょう。
清算期間が決まっており概ね6ヶ月程度で強制的に清算になります。中には返済期限の設定されていない無期限タイプもありますが、基本的に短期運用を目的にしているので無期限が必ずしも良いとは言い切れません。